薬を飲む女性
  • ホーム
  • まず相談、低用量ピルの本来と違う用途の副効果

まず相談、低用量ピルの本来と違う用途の副効果

若い女性

望まない妊娠を避ける為に使用されるピルですが、従来の中・高容量ピルはホルモン量が多いという理由で、気分が悪くなったり、むくみや頭痛などの不快な症状を伴う副作用も多くみられました。
そのため、従来の避妊効果はそのままに、副作用の軽減を目指した低用量ピルが誕生しました。
文字通り、従来のピルよりもホルモン量が少ないので、気分が悪くなったり、頭痛やむくみなどの副作用が少なく、避妊効果も従来のものと比べても違いないので安心して使用できます。
もともと女性の避妊薬として開発され使用されていますが、近年では別の用途でも使用されています。
副作用と言うマイナス面も少ないながらもありますが、逆にプラスの副効果も期待されています。
鎮痛剤を必要とするほどの月経困難症に悩んでいる人も多いですが、低用量ピルの継続的服用によって出血量を減らすことができ痛みを軽減することに繋がります。
また出血量が減ることにより、子宮内膜症のリスクを抑えることも期待されます。
また、低用量ピルにより、排卵の周期やホルモンバランスが安定する事で、月経不順の改善にもつながります。
排卵終了後、月経が開始する時期に、イライラして誰かにあたってしまったりなど、精神的に不安定になったり、頭痛や腹痛などの症状に悩まされるPMS(月経前症候群)も、はっきりした原因が不明で治療法も確立されていない中で低用量ピルの継続服用により排卵を抑制しホルモンバランスの変動を一定化することで体調が改善される効果も確認されています。
これらの副効果はすべて「正しく飲み続ける事」で効果がでる、効果が期待できる事なので、まずはクリニックで相談し、的確な指導のもとで、しっかりと用量用法を守り継続的に服用することが大事です。

サイト内検索
人気記事一覧