薬を飲む女性
  • ホーム
  • 旅行先で低用量ピルを忘れてしまったら

旅行先で低用量ピルを忘れてしまったら

紫のカプセルと色々な果物

低用量ピルとはエストロゲンと黄体ホルモンといった2つの女性ホルモンが成分として配合されている錠剤のことで、継続して飲むことで排卵を抑えて妊娠を防いだり、月経の予定日を遅らせたりするためのものです。
低用量ピルは数あるピルの中でもエストロゲンの含有量が50mg以下のものを指し、副作用やなどが少ないことが特徴であり、体内の女性ホルモンを外から補うことで美肌効果など女性らしさをサポートする働きもあります。
処方されるときはシートタイプになっていて、初日の1錠目のピルを飲んだ時から定期的に同じ時間に1日数回飲むことを毎日続けることで効果が得られるものなので、飲むタイミングや時間を忘れないようにすることが重要といえます。
なのでもし旅行先で低用量ピルを忘れてしまうと、飲まない日があったことで体内で排卵が始まるのでピルのもつ生理抑制効果や妊娠防止効果は得られない可能性が高まります。
タイミングによっては飲むのを忘れたその日に出血が始まることもあるのでそうなってしまった場合にはもうピルの効果を諦めるしかありません。
また出血していない場合で、1泊旅行などで前日の夜までは飲んだけれど今朝から数時間飲み忘れているという場合やすぐ帰宅できる状況の場合には帰宅したらすぐに飲み忘れたシートの続きから飲み始めてピルを再開することが必要です。
しかし2日以上飲めない状況のようならば一度服用を中断し、生理が来るのを待って次回の生理後に新しいシートの1錠目から服用を再開することがホルモンバランスを正常に保つために望ましいといえます。
旅行だから生理を遅らせるために飲んでいたのか、妊娠を防ぐために飲んでいたのかで目的や用途、不安感は異なるかもしれませんが、ひとまず生理開始や妊娠の可能性があるということなので、そちらのケアに集中した方が良いでしょう。
不正出血などがみられた場合にはすぐに担当医に相談すると良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ